一緒に地元を盛り上げよう!千葉のみなさんをご紹介

千葉県の各分野で活躍する方々、お店や企業を、びびなびスタッフがインタビューしてお届けいたします!

2021年 2月 26日更新

「畳deCo物」和を感じるこだわり小物、いかがですか?

畳の補修など、いわゆる畳屋さんの業務を請け負いながら、畳を使った世界に一つのオリジナル小物を発表し続けている若手クリエイター・飯島さん。一度見たら忘れない、存在感あり過ぎの小物たちがどのように生まれるのか聞いてみました!

畳deCo物を始められたきっかけはなんですか?
自分使いの財布が壊れてしまい、革財布製作キットを買って革の財布を作ったことによって「藺草でも同じように型があれば作れるんじゃないか!」と思い、財布を作ったのが始まりだったはずです。自分のほしいものを、自分の想うように作れると、何にも代えがたい喜びがありますね。
フランスでのジャパンエキスポに参加されたと聞きましたが反響はどうでしたか?
海外の方は、最初は「なんだこれは?」と不思議そうな目でバッグなどを手に取りますが、畳でできていることを説明すると感嘆の声をあげてくれますね(笑)。クオリティにも驚いてくれます。ウズベキスタンでの国際ハンドクラフティフェスティバルに参加した時は、畳のハンモックや腕時計なども人気でした。Made in Japanの技術やこだわりを僕の作品から感じていただけたような気がします。
ファッションに和テイストのものを採り入れるのってちょっと難しく感じるんですが。
確かに、昔の日本とは生活様式も違いますし、毎日着物を着て生活することは不便も多いと思います。だから、小さな部分、さりげない部分に、そういう自分のこだわりを体現したアイテムを使うのがいいのかなと。和テイストのものはどんなに小さなもの、部分的なものでもアピール力が高いので、気づく人にはちゃんと気づいてもらえますよ。
今後、畳deCo物はどんな活動を予定していますか?
とある企業様とのコラボレーションで「TATAMIHOUSE」という企画がスタートしています。畳の手触りと香り、質感を最大限感じていただける空間づくりにチャレンジしています。また、これまで以上に、様々なものづくりにチャレンジしていきます。目に映るものを畳に変えてしまうのが得意なので、可能性は無限ですね(笑)。どうぞ、ご期待ください!
左から、アタッシュケース(大)、ショルダーバッグ、ポーチ、アタッシュケース(中)。
大胆なデザインでありながら、細やかな部分に和の繊細さと緻密さが宿る。
飯島さんの作業場。

商品はホームページから購入できます。
https://r.goope.jp/tatamidecomono


2021年 2月 26日更新

面白い投稿、取材します。びびなびフリーペーパーの表紙を飾りたい方、ご連絡ください!

info@vivinavi.com

Information

暮らしを広げるフリーペーパーびびなび(株式会社Vivid Navigation)

「びびなび」は、あなたの街のオンライン交流広場。お店探し、お得情報探し、仕事探し、仲間探し、お家探しとありとあらゆる生活に密着した情報をご覧いただけます。あなたがいる場所の、新鮮な地域情報がいつでもここに集まっています。ぜひご活用ください!

株式会社Vivid Navigation

TEL:
0438-40-4428
EMAIL:
info@vivinavi.com