パノラマ

こんな事やってます

拡大

移築復元された上総地域最大級の古民家 「旧安西家住宅」 の魅力を体験しよう!

安西家は、旧草敷村(くさじきむら)の村役人(組頭)を務めた農家です。
現在の家屋は昭和57年(1982)に草敷にあった安西家住宅を太田山公園内に移築復元したもので、江戸時代中期(18世紀)の建築と推定されています。建築当時は、居住部分と土間が各々別棟状となった分棟型の民家でした。その後、江戸時代末期に現在の直屋型(すぐやがた)に改築されています。構造は間口13間、奥行5間の寄棟造りの茅葺で、上総地方最大級の民家のひとつです。

親切なボランティアガイドの説明員が住宅内をご案内しています。


【市指定文化財】
有形文化財(建造物)

【登録年月日】
昭和56年4月23日

【所在地】
木更津市太田2-16-2 木更津市郷土博物館金のすず

【開館時間】
9:00~17:00

【休館日】
毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は開館し、祝日の翌日休館)、年末年始(12月28日から1月4日)

【問い合わせ】
0438-23-0011

【交通案内(交通アクセス)】
◇公共交通機関利用の場合
JR内房線木更津駅下車、東口から徒歩20分

◇自家用車の場合
県道木更津駅入口交差点を千葉方面からは左折、館山方面からは右折し、太田山公園入口を左折 公園内駐車場あり

※現在メールでの問い合わせは受付けておりません。お問い合せはお電話にてお願致します。

  • [登録者]きさらづ文化財 ガイドボランテイアの会
  • [言語]日本語
  • [エリア]千葉県 木更津市
  • 登録日 : 2017/09/30
  • 掲載日 : 2017/10/05
  • 変更日 : 2017/10/05
  • 総閲覧数 : 51 人