パノラマ
パノラマ

2018年3月18日 / 千葉県 市原市 / 季節・行事

拡大
終了しました
会場 市原市市民会館 大ホール
住所 290-0023 千葉県 市原市 惣社1丁目1−1
日程 2018年3月18日
時間 13時00分~16時30分
[時間詳細]

開場12:30

[アクセス]

最寄りバス停留所
小田急バス(株)新宿~五井線 市原市役所 停留所
小湊鉄道五01 市原市役所 停留所
小湊鉄道五02 市原市役所 停留所
小湊鉄道五04 市原市役所 停留所
小湊鉄道五05 市原市役所 停留所

[会場詳細]

千葉県立中央博物館講演会 「誕生なるか!チバニアン」ーちばの名前が地球の歴史にー

千葉県市原市田淵の地層が、地球の歴史「地質年代」を分ける指標の場所(国際標準模式地:GSSP)となる可能性が高まってきています。
正式に認定されれば、「チバニアン(千葉の時代)」とよばれ、「千葉」の名が地球史に刻まれることとなります。

この講座では、「チバニアン」の誕生に向けて、その意義やその重要性について申請チーム代表の研究者をお招きしてご講演いただくとともに、県立中央博物館の研究者が詳しく解説します。
 
この講座を通して、多くの皆様に、地球の歴史や大地の成り立ちへの関心を深めていただくとともに、千葉から世界へ!「チバニアン」誕生までの機運を盛り上げていきたいと思います。

■日 時  
平成30年3月18日(日) 午後1時~午後4時30分(開場12:30)

■会 場  
市原市市民会館大ホール(市原市惣社1-1-1 市原市役所向かい)
       
■内 容

   講 演①:「房総半島の大地のなりたちを調べる-火山灰層の重要性ー」

   講 師:中央博物館 主任上席研究員 高橋直樹


   講 演②:「チバニアンと花粉ー地磁気逆転の地層を探す旅ー」

   講 師:中央博物館 主任上席研究員 奥田昌明


   講 演③:「GSSP申請と千葉セクション」

   講 師:茨城大学教授 岡田誠 (GSSP申請チーム代表)


■定 員
1,300名(当日先着順・事前申込不要)


■参加費
無料

[お問い合わせ先]
※内容についてのお問い合わせは
千葉県立中央博物館 043-265-3111まで
  • [言語]日本語
  • 登録日 : 2018/03/01
  • 掲載日 : 2018/03/07
  • 変更日 : 2018/03/01
  • 総閲覧数 : 61 人