一緒に地元を盛り上げよう!千葉のみなさんをご紹介

千葉県の各分野で活躍する方々や企業を、生活情報誌スタイルのスタッフがインタビューしてお届けいたします!

2018年 6月 5日更新

第1回 : 君津市子育て支援団体「ママの笑顔を考える会」代表 佐藤 様

びびなび千葉の皆さん、こんにちは。こちらのコラムでは、生活情報誌Styleのスタッフが千葉県の各分野で活躍する方々や企業をインタビューしてお届けいたします。
第一回は君津市の子育て支援団体「ママの笑顔を考える会」代表の佐藤様をインタビューして参りました。

ママの笑顔を考える会

担当者:佐藤 玉子 様(代表)

インタビュアー(以下、イ)... 

本日はよろしくお願いします。さっそくですが、「ママの笑顔を考える会」の活動内容について簡単に教えていただけますか?

佐藤玉子様(以下、佐藤)... 

こちらこそよろしくお願いします。
「ママの笑顔を考える会」は、0か月から7か月までのお子さんがいるママがベビーマッサージなどを一緒に行う「ママ笑顔にな~れ」、8か月から2歳までのお子さんをもつママの交流の場「にこにこひろば」、2歳からの幼児をもつママとお子さんによる「がっこうおしゃべり会」、そして子どもの一時預かりを提供する「ばぁばん家(ち)」を中心とした、小さいお子さんを持つママのための活動を行っています。

イ)... 

この活動をはじめたきっかけは何だったんでしょうか?

佐藤)... 

もともとは、私を含めて3人でこの話を進めていたんです。1人は、ママが交流できる場を、私はお子さんを預かって面倒をみる場を作りたくて、もう1人はそのアイデアを応援していろいろ意見を出してくれる人で。それで今のように、ママが交流できる会とお子さんを預かる場、どっちも提供できるようにしたんです。

イ)... 

そうだったんですね。ママの息抜きの場、子どもの一時預かりというアイデアは、どこから浮かんできたんでしょうか?

佐藤)... 

この活動を始めたのは15年くらい前なんですが、その当時はまだ保育園の一時預かりをやっているところも少なく、働いているママは保育園に子どもを預けられるけど、専業主婦や育休中のママたちがリラックスできる時間を取るなんて、考えられないような時代でした。私は、旦那さんに子ども預けてお出かけしたりできたんですが、なかなかそんなママばかりじゃないので、子どもは私たちに任せてもらって、ママがリラックスできる場、友達を作る場があったらいいんじゃないかなと思ったんです。

イ)... 

やはり普段はどうしてもお子さんの方に集中しがちで、ママのケアは見過ごされてしまうことが多いのかもしれないですね・・・。
この活動を通して体験した、よかったことや大変だったことを教えてください。

佐藤)... 

生まれたてのお子さんを預けに来たママの肩からふっと力が抜けるのを見ると、やっててよかったと思いますね。「ママ笑顔にな~れ」では、お子さんが1歳の誕生日に「ママになって1年目、おめでとう」というカードを送るのですが、そのカードを読んで泣きましたと言っていただけたり、ママの笑顔を考える会を通じて、子どもが大きくなってからも付き合える一生涯の友達を見つけたと言ってくれる方がいらっしゃったり、そういう話を聞くと、やっぱりやっていてよかったなと思います。「にこにこひろば」でも、同じようにママになって2年目のおめでとうカードを渡すんですよ。

イ)... 

ママの「誕生日」、素敵ですね~。逆に、大変だなあと感じることはありますか?

佐藤)... 

これはすごくいいことでもあるんですけど、最近、多くの保育園で一時預かりをしてもらえるようになってきているので、その分うちの活動に来てくれるママも、昔と比べると減ってきているのが現状です。イベントをしたり企画をたてたりするときに、運営面で大変だなと思うことは正直ときどきあります。ただ、お子さんを預かる上では、いろんなママがいていろんなお子さんがいるのは当たり前のことなので、大変だなと思ったことはありません。子育てに口出しはしませんが、例えば、ママがおしゃべりをしている間にお子さんが泣き出してしまっても、赤ちゃんは泣くものだから気にせずおしゃべりしててもいいのよ、と言ってあげたり、ママができるだけリラックスるできるように、肩の力を抜いてもらえるように態度で示せたらとは思っています。

イ)... 

最後に、読者のみなさんへ向けてメッセージをお願いします。

佐藤)... 

いくらこちらでお子さんを預かって肩の力を抜いてもらっても、やっぱり子育てはすごく大変なことで、特に働いてるママさんなんかは、お子さんと向き合う時間やリラックスする時間がなかなか取れていないんじゃないかなと、ちょっと心配してます。働くママの交流の場として、土日に活動もしているので、よかったら見に来てくださいね。今の時代は、ママだけじゃなくパパも子育てに積極的に参加しているので、パパ向けのイベントもあります。思う存分お子さんの自慢話で盛り上がってください(笑)

イ)... 

自慢話(笑)

佐藤)... 

6月30日(土)にパパ向けイベント、「段ボール迷路を作ろう!」を、周西公民館で行う予定なので、未就学児をお持ちのパパさんはぜひご参加ください!

イ)... 

佐藤さん、ご協力ありがとうございました!

Interviewee's Profile

ママの笑顔を考える会

千葉県 君津市 人見2-2-14

2018年 6月 5日更新

皆さんのご意見、ご相談等ございましたら以下までご連絡ください。

one@style-adc.com

Columnist's Profile

千葉の地域生活情報をお伝えするフリーペーパー生活情報誌スタイル(生活情報誌スタイル)

生活情報誌スタイルは”この街が好きになる。毎日がもっと楽しくなる”をキャッチフレーズに、 房総の様々なお得情報を発信する地域密着型生活情報誌です。 房総の新鮮でタイムリーな情報、幅広いカテゴリーの情報を、 見やすく分かりやすく、そして美しい誌面構成で発信しています。

生活情報誌スタイル

千葉県君津市外箕輪3-13-1
TEL:
0439-52-7248
FAX:
0439-52-7249
EMAIL:
one@style-adc.com

生活情報誌スタイル について詳しくはこちらをご覧ください。