パノラマ
パノラマ

お知らせ

拡大

日本遺産に向け、鋸山絶壁でツタ剥がしプロジェクト開催

■日時
2019年2月7日(木)~8日(金)

■場所
鋸山地獄のぞき直下絶壁(富津市金谷側)

富津市観光協会天羽支部では、12月16日に行われた「第4回房総横断トレイルラン」の参加費の鋸山保全活動資金を活用し、2月7~8日に鋸山地獄覗き直下の絶壁でツタ剥がしプロジェクトを開催いたします。

この奇勝は「ラピュタの壁」のようとマスメディアに取り上げられるなど、近年では多くの外国人が好むところとなり、日本経済新聞社の日経プラス1で「Deep Japan」ランキング第2位になるなど人気スポットとなっております。

しかしながら、石切場や石を切り出した数々の遺構は年々増殖するツタにより徐々にその面影を失ってきております。
このまま放置すると数十年後には、この山から石を切った形跡は見て取れなくなる恐れがあります。今の段階でツタの繁殖が石を切った壁面全体に広がってしまう前に、除去する必要があることから、本プロジェクト開催を決定いたしました。

日本寺、日本山岳協会と登山家で山岳レスキューの第一人者でもある“堤 信夫氏”の協力のもと、鋸山地獄覗き下の垂直面(高さおよそ80m)に、上からロープでぶら下がり繁茂するツタの除去を行います。日本遺産に向けて、鋸山石切場遺構を保全するための初めての試みです。

■お問い合わせ先
富津市観光協会天羽支部
支部長 鈴木裕士
090-1434-5585

※写真はノコギリ山ホームページより

http://nokogiri-yama.jp

  • 登録日 : 2019/01/07
  • 掲載日 : 2019/01/11
  • 変更日 : 2019/01/07
  • 総閲覧数 : 85 人